ソファ

ホーム > スタッフブログ -こころの扉をノックしよう!- > カウンセリング > 大学の先生が刺殺された、大変いたましい事件が起きました。
大学の先生が刺殺された、大変いたましい事件が起きました。

大学の先生が刺殺された、大変いたましい事件が起きました。

中央大学の先生が大学内で刺殺されたというニュースには、本当にびっくりしました。学生さんたちは「丁寧で誠実な教え方の先生だった」と言い、ショックを受けている様子がTVや新聞で報道されています。刺し傷や切り傷が30カ所前後あったとのことで、朝日新聞は、先生に「強い恨みを抱く人物による犯行の可能性があるとみている」と書いています。

私たち人間の心にはそんなことができる心が潜んでいるのかと思うと、ゾッとします。同じ日の同じ朝日新聞の天声人語欄には、東洋大学が毎年募集する「現代学生百人一首」が載っていました。

「君の名の漢字を辞書で引いてみる 心のしおりそうっとはさむ」(高2、宮下唯)

「こんなにもキレイにノートをとるのはね 君に「貸して」と言われたいから」(高2、榊原香菜)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ed-cou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/237

コメント(2)

こんばんは。私はブログの更新中にこのニュースを知って、びっくりしました。どこで事件が起こるか分かりませんね。こんな時こそ心の大切さを実感します。

コメントありがとうございます。ほんとに「こころ」って大切ですよね。こちらの方へおいでのことがありましたら、ぜひ浦和カウンセリング研究所へお立ち寄り下さい。「こころ」のことお話ししたいです。

ページトップに戻る