ソファ

秋田県 不登校日本最小!

秋田県 不登校日本最小!

文部科学省の問題行動調査によると、秋田県の不登校の小中学生は2012年度、全国最少の1000人当たり7.7人だったことが分かったそうです。

(河北新報 東北のニュース)

不登校の小学生は前年比39人減の82人、中学生は43人減の515人。

1000人当たりの不登校児童数は1.7人、不登校生徒数は18.3人で、ともに全国で最も少なかったとか。

学校が中心の調査ですから、実際の不登校児の数とは多少のズレはあるかもしれませんが、かなり少ない数字です。

学力に続いて、秋田の教育県ぶりがうかがえますね。

理由は単純には言えないですが、学校がおもしろい?ということなんですかねえ?

「学力の高さが不登校の少なさの背景にある」という見方もあるそうですが、

逆のような気もします。

要は、学校がおもしろいから学力も高いし、不登校も少ない。

当然のことですね。

子どもたちで話し合って課題を解決し、発表する参加型授業を多く取り入れているんだとか…

基本は子どもたちのやる気を育てる授業形態を作っていくことにありそうな気がします。

埼玉から秋田に行ってビックリするのは、とにかくイベントが多くて、ごく普通の人が舞台に上がったりすることにあまり抵抗を感じてないところ。

埼玉ではあり得ないことです。

ディズニーランドのようなテーマパークのようなところは、そこに行ってはいるけれど、受け身なことが多いのに対し、秋田のイベントは、参加型が多いように感じます。

学校教育に参加型授業を取り入れているというよりも、地域社会に参加型が多く存在しているから、そういう授業展開が図りやすい。

そういうことなのかもしれませんね。

「子どもの出番」と言うことを言い続けているうちとしては、もっともな結果であると思います。

埼玉県も教師が教える授業から、子どもが作る授業への転換が必要なんだろうと思います。

ところで、埼玉県は何位なんだろう?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ed-cou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1160

ページトップに戻る