ソファ

日記・コラム・つぶやき

姫リンゴ

盆栽の講座で植え替えた「姫リンゴ」がそろそろ結実したでしょうか?

よく見ると、いくつか小さい実がついているのではないかと思います。

手元に置いておきたいかもしれないけれど、水切れすると枯れてしまうので、基本的には外で管理してください。

もちろん、マンションのベランダでもOKですが、夜露や雨がかからないので、1日1回(できれば朝9時過ぎくらいまでに)鉢底から水が流れるまで水やりをしてくださいね。

先日、研究所に持ってきていた大きな株の姫リンゴが、水切れで枝の半分が枯れてしまいました。

花は付いていなかったのですが、一番大きな株だったのでショックです。

 

実がつき始めた株

ファイル 2017-04-28 19 58 26.jpeg 姫リンゴ(結実)

NPO法人子どもセンター・ピッピ設立

NPO法人・子どもセンター・ピッピ理事長 大倉浩理事長.jpeg

3月4日㈯ さいたま共済会館において、子どもシェルターを開設したNPO法人子どもセンター・ピッピの設立記念集会が開催されました。
この集会では記念講演として「子どもシェルターと自立援助ホーム」の先駆け「社会福祉法人 カリヨン子どもセンター」理事長で弁護士の坪井節子さんのお話がありました。弁護士としてのこれまでのご経験やカリヨン設立のご苦労など、大変重く受け止めなければならないお話で、私たちカウンセラーも子ども支援のために何ができるのか考えさせられる内容でした。

写真は理事長に就任した大倉浩弁護士です。

大倉弁護士は、研究所の研究協力者になっていただいている方で、これまで多くの少年事件に関わってこられました。
以前、研究所で少年事件についての特別講座をお願いしたことがありますが、3月25日にも埼玉県に初めてできた子どもシェルターについてのお話と研究所研修生でさいたま市議会議員の土井裕之さんとの対談の特別講座にもお招きしています。

当研究所だからこそ実現した企画なので、ぜひご参加ください。

NPO法人子どもセンター・ピッピ設立記念集会

NPO法人・子どもセンター・ピッピ理事長 大倉浩理事長.jpeg

3月4日㈯ さいたま共済会館において、子どもシェルターを開設したNPO法人子どもセンター・ピッピの設立記念集会が開催されました。
この集会では記念講演として「子どもシェルターと自立援助ホーム」の先駆け「社会福祉法人 カリヨン子どもセンター」理事長で弁護士の坪井節子さんのお話がありました。弁護士としてのこれまでのご経験やカリヨン設立のご苦労など、大変重く受け止めなければならないお話で、私たちカウンセラーも子ども支援のために何ができるのか考えさせられる内容でした。

写真は理事長に就任した大倉浩弁護士です。

大倉弁護士は、研究所の研究協力者になっていただいている方で、これまで多くの少年事件に関わってこられました。
以前、研究所で少年事件についての特別講座をお願いしたことがありますが、3月25日にも埼玉県に初めてできた子どもシェルターについてのお話と研究所研修生でさいたま市議会議員の土井裕之さんとの対談の特別講座にもお招きしています。

当研究所だからこそ実現した企画なので、ぜひご参加ください。

NPO法人子どもセンター・ピッピ設立記念集会

NPO法人・子どもセンター・ピッピ理事長 大倉浩理事長.jpeg

3月4日㈯ さいたま共済会館において、子どもシェルターを開設したNPO法人子どもセンター・ピッピの設立記念集会が開催されました。
この集会では記念講演として「子どもシェルターと自立援助ホーム」の先駆け「社会福祉法人 カリヨン子どもセンター」理事長で弁護士の坪井節子さんのお話がありました。弁護士としてのこれまでのご経験やカリヨン設立のご苦労など、大変重く受け止めなければならないお話で、私たちカウンセラーも子ども支援のために何ができるのか考えさせられる内容でした。

写真は理事長に就任した大倉浩弁護士です。

大倉弁護士は、研究所の研究協力者になっていただいている方で、これまで多くの少年事件に関わってこられました。
以前、研究所で少年事件についての特別講座をお願いしたことがありますが、3月25日にも埼玉県に初めてできた子どもシェルターについてのお話と研究所研修生でさいたま市議会議員の土井裕之さんとの対談の特別講座にもお招きしています。

当研究所だからこそ実現した企画なので、ぜひご参加ください。

睡眠トラブルにはリンゴ酢?

フジテレビの「その原因Xにあり」。

睡眠障害にはリンゴ酢がいいと放送していました。

熟睡できない、しっかり寝たのに朝スッキリ起きられない、
昼食の後眠くなってしまうなどの睡眠トラブルは、一般的に「血圧が低い」
「体内時計が乱れている」などが原因と言われますが、新宿溝口クリニック・溝口「ジェットコースターのように乱高下する血糖値にも原因がある」と…


「ジェットコースター血糖」とは、夕食後に急上昇して睡眠中は乱高下を繰り返してしまうことのようですが、「山盛りのごはんや寝る前の甘いものを食べる」「晩酌などによるアルコールの摂取」など「寝る前についつい摂り過ぎてしまう糖質」が原因だといいます。

睡眠時に「歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある」「寝汗をたくさんかいてしまう」「怖い夢を見る」などといった症状の1つでも当てはまる人はジェットコースター血糖の可能性があるそうなので、夕食前にリング酢大さじ1を大さじ5杯の水か炭酸で割って飲むと予防に効果があるんだそうです。

テレビでこういうことを扱うと翌日のスーパーでは、売り切れ続出で買えないなんてことがよくあって、私もバナナが買えなかったり、ヨーグルトが買えなかったりした経験(私はテレビ放送とは無関係だったんですが)がありますが、今回は「睡眠のトラブル」で、悩んでいる人の数が花粉症のようなものよりは少なそうなのでそうでもないかな?

カウンセリングに訪れる方の中には「睡眠障害」を訴える方が数多くいらっしゃいます。もちろんメンタルなことでの睡眠障害は、ジェットコースター血糖とは全く違うものですが、副作用がないわけではない睡眠導入剤を安易に飲む前に、1〜2週間試してみるのもいいかもしれませんね。
テレビ番組は客観的かと思うと、メーカーが制作に関わっているなんてこともあるので鵜呑みにするのもどうかと思いますが…

リンゴ酢を薄めずに飲むと胃を痛めることもあるらしいので、薄めて飲んでくださいね。

今日は、リンゴ酢メーカーの回し者になってみました(笑)

特別講座 毛筆セラピー

講師の関根苔華先生は、元公立中学校の校長先生で、学校のこと、書のこと、大変熱く語ってくださいました。

日々に新しい②.jpg

キャリア・カウンセリング実技

今日の夜の講座は清水講師の「キャリア・カウンセリング実技」の講座でした。

雨で寒い中、多くの皆さんが参加してくださいました。

キャリコン講座

8月最後の日曜日

この時期なると、毎年カウンセリングに訪れる方の数が増えます。

夏休みが終わり、秋に向かって「さあ、仕事!」と勢いをつけたいところなのに夏休みモードが抜けなくて、前へ進めずにうつのような状態になってしまう人が増えるからです。

適応障害の一種ですね。

朝、散歩をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、気持ちをゆったり持つことでずいぶん改善するはずです。

今年は、オリンピックがありました。

そしてこれからパラリンピックが始まります。

オリンピック期間中は、テレビに釘付けなんていう人もいたんじゃないでしょうか。

そんなことに気持ちが向いていると、うつ傾向にならなくてすみますよ。

今ちょっと気持ちが沈んでいるように感じる人は、パラリンピックを見たりするのもいいと思います。

幸か不幸か、今年は、9月前に台風が連続できたり、高畑裕太容疑者逮捕というショッキングなニュースがあったりと、話題に事欠きません。

こういうときは、様々なことに目が向くので、気持ちが沈みにくいものです。

そういくことを自分なりにうまく利用して、ペースを元に戻しましょう!

「金メダルでないことを謝る」こと

今回のリオオリンピックは、日本の選手の皆さんが大活躍。

当初から、金メダルに近いと言われていた選手が、次から次へ金メダルを取ったり、男子陸上の400mリレーのように、アジア新記録で銀メダル(私はメダルの色もさることながら、米国の前にゴールインしたことの方にびっくりしましたが)を取ったり、レスリングやバドミントン、卓球などでも多くのメダルを獲得したことで日本中が歓喜の渦になっていることは素晴らしいことだと思います。

そうした中で、「金メダルでなくてごめんなさい」というメダリストの皆さんの言葉が、ネット上で話題になっています。

「銅メダルでごめんなさいはやめよう」とか「下位の選手に対する冒涜」みたいな意見が多く見られるようですが、心理学的に言えば、メダリストの話というのは、もちろん支えてくれた関係者や応援してくれていた皆さんに対するお礼というのもありますが、それ以外の部分は基本的にこれまでの自分に向けられているものであって、「金メダルじゃなくて悔しい」と自分を追い込むのでは辛すぎて、それを乗り越えるのが大変なので、自分の中に二人の自分をおいて、一方の自分がもう一方の自分に「金メダルじゃなくてごめん」そしてもう一方の自分が「おまえはよく頑張ったけど、残念だったな」と慰めるという構図を作っているものと理解するべきでしょう。

もちろん、日本国民に向けられて発せられた言葉だとしても、それはあくまで国民に対する謝罪と受け取るのでなく、自分に向けられている言葉と受け取ってあげた方がいいのだろうと思います。

ましてや、謝罪の言葉を口にした選手が非難されるというのはちょっと違うと思います。

金メダルが取れる取れないはありますけれど、出るからには金メダルを目指すというのは選手としては当然。

「金メダルを取る」ということを目標(はじめから無理な人もいるわけですが)と考えれば、

「金メダルじゃなくてごめん、次回は絶対金メダルを取る」そういう選手のモチベーションの維持の仕方と捉えてあげることが出来ますよね。

オリンピックのようなスポーツの世界でなくても、よくあります。

失敗した自分に謝ることで、現状を受け入れる。

これって、とっても大事です。

それは、現状を受け入れないといつまでもそこにとどまってしまって、次へ進めないからです。

それなりの成果は出ているんだけど、目標までは到達できなかった、第1志望の学校には入れなかった、仕事で失敗をした、そんな時はあなたも「××じゃなくてごめん」と言ってみてはいかがですか?

エアコンには要注意!

暑い日が続きますね。

テレビなどでは熱中症対策として連日、エアコンの利用を呼びかけています。

ご年配の型など、節約を強いられた人生をお送りだった皆さんや年金で生活が苦しい皆さんには、少しでも電気代を抑えようというお気持ちがあるので、窓を開けて、扇風機をつけたりして涼を取るようにしている方も少なくないようです。

体力が落ちていると感じたら、あまり無理をせずエアコンをつけてくださいね。

おそらくこれをお読みの皆さんは、そんな節約生活とは反対に、エアコンをしっかりつけて、猛暑の中でも快適な生活をお送りになっている方が多いのではないかと思います。

でも、ちょっと待ってください。

エアコンの中で生活をすることで、体調を崩したという経験はありませんか?

よく聞くのは、「膝や腰の調子が悪くなった」「腹痛で下痢が止まらない」「肩こりがひどくて頭痛になった」などですよね。

私もエアコンの中で生活していると「腰痛、腹痛、頭痛」に悩まされる1人です。

今日も右の肩の張りがひどく、マッサージにでもしてもらおうかな?というくらいの状態です。

そういった身体の異常は要注意!

身体の不調だけでなく、心も不調をきたす恐れがあります。

「身体がだるい」「立ち上がるのもおっくう」「横になっていたいなあ」そんな風に感じるときは身体だけでなく、心の不調をきたしているのかもしれません。

そんな時はどうするか…

ちょっと長めの入浴や朝夕涼しいときの散歩、大声で笑う、気持ちが高揚するようなことをする(味わう)など、身体を温めることや気持ちを熱くするようなことをしてみましょう。

入浴や散歩など出来たらいいですが、ちょっとおっくうと思うのでしたら、オリンピックや高校野球を見て興奮するなんていうのも有効です。

心の不調を感じたら、ぜひ試してみてください。

まだしばらく暑い日が続きそうです。

エアコンの温度の下げすぎには注意しましょうね。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップに戻る