ソファ

日記・コラム・つぶやき

樹木希林さんのご冥福をお祈りします

樹木希林さんが9月15日お亡くなりになりました。

主役を演じることは多くはありませんでしたが、助演の時にも常に存在感を示す名演で、映画やテレビドラマ、CMには欠かせない存在でした。

カンヌ映画祭で、日本人監督作品として1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりにパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」柴田初枝役での名演は、文字通り世界の認める女優であることを示していると思います。

私の記憶の中では、「樹木希林」という芸名よりはむしろ「悠木千帆」の印象が強く、1965年から90年まで続いたTBSテレビ「時間ですよ」は忘れられない作品です。

先ほど、ワイドショーで、樹木希林さんが加藤浩次さんのインタビューを受けている映像が流れていました。
あれだけ個性派の女優さんですから当然ですが、「私は私中心だから」という言葉は非常に印象的でした。
樹木「人がプレゼントをくれようとするでしょ。私、いらないって受け取らないのよ」
加藤「受け取ればいいじゃないですか、聞きさんのにあげたいと思ってくれるわけだから」
樹木「それって、プレゼントする側があげたいと思ってるだけで、相手がほしいとおもってるわけじゃないでしょ」

他者に対するこういった態度を「私中心」と言ったようですが、ここで樹木さんが述べていることはカウンセリングのまさに核になる部分で、「プレゼントする側があげたいと思っているだけ」「相手(もらう側)がほしいと思っているわけではない」というこの考え方こそ、カウンセリングを進めていく上で、クライアントさんが陥りやすい状況を説明したものに他なりません。

自分がどうしたいかの行動なのか、本当に相手が望んでいることなのか、そこがわからず、自分がやりたくてやっていることを相手のためにやっていると勘違いすることはよくあることです。それこそが人間関係を壊す一因であるので、自分の行動を振り返ることは重要なことですね。

樹木さんの言葉は、おそらく他人に対する言葉ではなく、自分を戒める言葉ののでしょう。
樹木希林さん、素晴らしい映画、素晴らしいドラマ、素晴らしいCMをありがとうございました。

(樹木さんの言葉の部分は、記憶に基づくもので一語一句正確なものではありません)

記;大関直隆

収まらない暑さはない!笑

7月、8月の暑さが嘘のように涼しくなりました。

涼しいというより寒いくらいですね。

秋雨前線が停滞して、雨が続いていますが、毎日立ち寄る円蔵寺(研究所の講師に来ていただいている加藤良海さんが副住職を務めるお寺です)の木々たちは、雨のおかげで夏の暑さで痛んだ体がすっかり癒えたようです。

木々を癒やす雨のように、私たちも人の心を癒やすことのできるカウンセラーになりましょう!

心が温かくなりました!

今朝、いつもと同じように自宅から研究所へ線路沿いの道を歩いていると、歩道の脇の電柱に小さなぬいぐるみのストラップが目の高さくらいの位置にぶら下げてありました。

おそらく、そこを通って通学している高校生が落としたものと思われました。

落とし物が目立つように落とした場所に付近に置いてあるのは、日本ではよく見かける光景です。

私も何度か手袋を落としたときに、道路脇の塀の上に手袋が置いてあってなくさずにすんだことがあります。

今朝の光景もそんな光景でした。

でも、今朝のぬいぐるみのストラップはそれだけではなく、小さなビニール袋に入れられていたんです。

今日も雨が降りそうな空模様。

ビニール袋にややシワがあったので、どうやら拾った人が自分の持っていたビニール袋に入れてぶら下げてくれたようでした。

それから、3時間ほどして同じところを通ると、ビニールにないったぬいぐるみのストラップはなくなっていました。

きっと落とし主のところに戻ったのでしょう。

落とした人がストラップを手に微笑んでいるのが目に浮かび、心がとても温かくなりました。

写真を撮って来なかったのが残念!

 

本日のダンスセラピー

本日は、ドイツから帰国された大関 努先生の「ダンスセラピー」が行われました。

体をリラックスさせ、ダンスによって表現してみること、相手の動きに合わせること・・・。

ダンスセラピーの奥深さに近づきます。

 

CIMG0273.jpg

CIMG0269.JPG

最後には、努先生のダンスが披露されました。

表現豊かなダンスに、参加した方々も感動されていました。

CIMG0288.jpg

努先生と、ヨガの講師をされている小野 利恵子先生。熱く語られていました。

CIMG0296.JPG

 

来年度もダンスセラピー講座が行われます。皆様、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の講座から

浦和カウンセリング研究所では、様々な講師による多種多様な講座を開催しています。

一部をご紹介します。

川端宮司 神社とカウンセリング①.JPG文化としての神道を学ぶ

国内最高気温を更新した熊谷市にある佐谷田神社宮司 川端康稔氏による特別講座。

参加者全員お祓いをしていただきました。

川端宮司は、当研究所で学び、(一社)全国心理業連合会(全心連)上級プロフェッショナル心理カウンセラーの資格を取得したカウンセラーでもあります。

 

 

 

円蔵寺での特別講座①.JPG文化としての仏教を学ぶ

恒例となった円蔵寺副住職 加藤良海氏による特別講座。

今回は、研究所より徒歩2分ほどのところにある円蔵寺で開催。

日本人にとってお寺は特別な癒やしの空間です。

 

 

 

 

 

円蔵寺での特別講座②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高畠.JPG

秋田にプロバスケットボールチームをゼロから作った高畠靖明氏による特別講座。

木下サーカス時代から秋田ノーザンハピネッツの立ち上げ、そしてサッカー界の超大物某氏との今後の展開など、話は尽きませんでした。

 

 

 

 

 

 

高畠②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大関努ダンスセラピー.JPG毎年夏に行っているドイツで活躍中のモダンダンサー大関努氏のダンスセラピー講座。

体を動かす中に、毎回新しい発見が…

 

 

 

 

 

 

 

大関努ダンスセラピー②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

劇団スーパー・エキセントリック・シアターの公演を観てきました。

研修生の皆さんにご紹介していた劇団スーパー・エキセントリック・シアター公演「華~女達よ、散り際までも美しく~」を観てきました。

スクリーンショット 2018-04-27 11.35.26.png

なかなか重たい内容を肩がこらない舞台に仕上げているのはさすがSET。

ダンスの切れも最高!

和服であれだけ動けるのには何か仕掛けがあるんでしょうか。

もちろん動きやすいように作ってあるんですよね。

関ヶ原の戦いを挟んだ戦国の時代を男性でなく女性のみに焦点を当てた内容はとても感動するものでした。

財務省福田事務次官のセクハラ問題やTOKIOの山口メンバーによる強制わいせつ事件などに象徴される男性中心の世の中の昨今、史実に忠実かどうかは別にして、世の中を動かすほどの強い女性を描いていることに大変興味をそそられました。

今晩1公演、明日2公演、明後日2公演残っていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

情報さいたま連載「セクハラふたたび」

セクハラ問題が国家を揺るがす事態に

セクハラ問題については、折に触れ読者の皆さんにご注意を申し上げてきたつもりですが、とうとう政権や官僚機構を大きく揺さぶる事態になっています。週刊新潮の記事に始まった財務省福田次官の女性記者に対するセクハラ問題は、本人は否定するも辞任に追い込まれ、それでも否定し続ける中、テレビ朝日の会見で、自社の記者であることを公表するという展開になりました。テレビ朝日の会見は、自社の対応の悪さを謝罪しつつも、セクハラについての事実確認を省内ですませようとする財務省、セクハラを認めない福田次官への挑戦で、女性記者のセクハラは許されないという確固たる信念とテレビ朝日の世論を読んだ対応が、ともするとうやむやにされかねないセクハラ問題を明るみに出すことになったのでしょう。

 

セクハラとは

セクハラとは「職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されること」(男女雇用機会均等法)です。構成要件としては、「相手の意に反する性的な言動がある」「職場の労働条件について不利益を受けるか、就業環境が害される」ということです。
例えばこんな例。
就職して3年。私の部署は私も含め女性3人、男性8人。これまでの上司が移動になり上司が替わった。以前の上司は常に4〜5人のグループで飲みに行ったり食事に行ったりしていたのに今度の上司は二人で行きたがる。男性を誘うこともあるのでそういう人なのかなあとも思うが、なんだか服装が軽装になったとたんに誘われ出したような気がする。
今回の福田次官問題に近い例を挙げました。上司からしたら、「一人じゃないと聞けないような話を聞いてやろうと思ったのに!自意識過剰だろっ!」と言いたいところでしょうが、女性が嫌悪していればアウトでしょう。受け取り方次第ではありますが、髪型や服装、体型について話題にする、「結婚は?」「お子さんは?」などもセクハラになり得ます。福田次官問題で4月13日午前の閣議後記者会見で、「事実とするならば、セクハラという意味ではアウトだ」と述べた麻生大臣の見解はまったくその通りということになります。

 

「ハニートラップ」などという考え方が…

「ハニートラップ」などという考え方が…
今回の問題、女性が社内の人間ではなく記者であり外部の人間であることから、セクハラではないという主張をする人たちもいるようですが、お互いに職務上のことであり、しかも呼び出されたら従わざるを得ないという関係性の中で起こっているということを考えれば、当然セクハラでしょう。テレビ朝日の会見後、「ハニートラップ」を問題にするメディアや著名人もいるようですが、お門違いも甚だしく、福田次官の責任を少しでも薄めようとする政治的意図が見えてとても不快です。まさに二次被害そのもので、そういった考え方がセクハラの元凶でしょう。

赤い花は...

赤いハイビスカス① 赤いハイビスカス②

3年前から研究所にあるハイビスカス。

何度か枯れそうにはなりましたが、なんとか命がつながって、赤い花が咲きました。

直射日光を受けないので、葉の色が薄くなってしまいましたが、花は真っ赤。

赤い花を見ると、やはり気持ちが高揚します。

武笠幸正さんが漢字検定、日本語検定で快挙!

当研究所に通う武笠幸正さんが、日本漢字能力検定準1級の試験に190点以上の得点で合格され、全国1位の成績で「協会賞」を受賞されました。

また、武笠さんは、日本語検定1級の試験で「読売新聞社賞優秀賞」を受賞されました。

誠におめでとうございます!!

武笠さんの今後のご活躍を願っています。

FullSizeRendert.jpg

imaget1.jpg

メダカの反応

我が家の白メダカ 我が家のパンダメダカ

我が家の楊貴妃 我が家の新しいヒメダカ

写真は私が飼っているメダカの写真です。

とても寒い冬で、表面が5センチほど凍ったり、上半分が雪でシャーベット状態になりながらもなんとか冬を越しました。

これは今日の様子ですが、3枚はメダカが水面に浮いていますよね。

右下の写真は、何も入っていないように見えますが、ホテイアオイの根の陰と鉢の底にヒメダカがいるんです。

他の3鉢は一昨年から飼っていて、昨年卵をふ化させた鉢、メダカが見えない鉢は、まだ飼い始めて1ヶ月ほどの鉢です。

水面に浮いているメダカは、私がそばに寄ったことでえさをもらえることを認識しているんですが、隠れてしまったメダカは、まだ私を危険なものと認識しているんです。

たかがメダカですけど、きっちり条件反射が身についているんですね。

こんなに小さな生き物にも、生き延びるための機能がちゃんと備わっていることに驚かされます。

これも「パブロフの犬」?

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップに戻る