ソファ

映画・テレビ

樹木希林さんのご冥福をお祈りします

樹木希林さんが9月15日お亡くなりになりました。

主役を演じることは多くはありませんでしたが、助演の時にも常に存在感を示す名演で、映画やテレビドラマ、CMには欠かせない存在でした。

カンヌ映画祭で、日本人監督作品として1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりにパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」柴田初枝役での名演は、文字通り世界の認める女優であることを示していると思います。

私の記憶の中では、「樹木希林」という芸名よりはむしろ「悠木千帆」の印象が強く、1965年から90年まで続いたTBSテレビ「時間ですよ」は忘れられない作品です。

先ほど、ワイドショーで、樹木希林さんが加藤浩次さんのインタビューを受けている映像が流れていました。
あれだけ個性派の女優さんですから当然ですが、「私は私中心だから」という言葉は非常に印象的でした。
樹木「人がプレゼントをくれようとするでしょ。私、いらないって受け取らないのよ」
加藤「受け取ればいいじゃないですか、聞きさんのにあげたいと思ってくれるわけだから」
樹木「それって、プレゼントする側があげたいと思ってるだけで、相手がほしいとおもってるわけじゃないでしょ」

他者に対するこういった態度を「私中心」と言ったようですが、ここで樹木さんが述べていることはカウンセリングのまさに核になる部分で、「プレゼントする側があげたいと思っているだけ」「相手(もらう側)がほしいと思っているわけではない」というこの考え方こそ、カウンセリングを進めていく上で、クライアントさんが陥りやすい状況を説明したものに他なりません。

自分がどうしたいかの行動なのか、本当に相手が望んでいることなのか、そこがわからず、自分がやりたくてやっていることを相手のためにやっていると勘違いすることはよくあることです。それこそが人間関係を壊す一因であるので、自分の行動を振り返ることは重要なことですね。

樹木さんの言葉は、おそらく他人に対する言葉ではなく、自分を戒める言葉ののでしょう。
樹木希林さん、素晴らしい映画、素晴らしいドラマ、素晴らしいCMをありがとうございました。

(樹木さんの言葉の部分は、記憶に基づくもので一語一句正確なものではありません)

記;大関直隆

TVドラマ「相棒」とカウンセリング

昨日もまた「相棒」を見てしまいました。

「今週は見ないで原稿を書くぞ!」と思っていたので、家の者に「今日は“相棒”だよ」と言われて「今日は見ない!」と返事をしたところ、「???」と変な顔をされ、「うーーーーん、見る見る」と結局見てしまいました。

見ると1時間というまとまった時間を取る上に、私はあとで「あの場面はどういう事だった?」とか「あのセリフは何のためにあった?」とか考えたり・・・何より弱いのは“死体”の映像です。

杉下警部の相棒の神戸君もその種の事に弱い人として描かれていますが・・・。

それでも見てしまうのは、「人の心の複雑さ」や「人の心の優しさ」「人が人をかばう」「人を守る」ために自分の命さえ捨てるという「人の心」を何ともうまく描いているからです。

ドラマや映画や小説はとてもカウンセリングの勉強になります。

「青年男女の旅立ち」と映画「ぼくたちは世界を変えられない」

20代前後の女性・男性が、この秋それぞれの目標を見出して、旅立ちの支度をしています。

映画「ぼくたちは世界を変えられない」の主人公の青年は、目標の定まらない医学生としての日々が虚しく苦しくなっています。

ふと目についたチラシに、“カンボジアに150万円で小学校が1校建てられる”という話が書いてあり、「これやってみようかな…」というくらいの気持ちではじめ、真剣に取り組んでいく中で青年が人間として成長していく話です。

この映画のタイトルに続いて、「世界がぼくたちを変えてくれた」と。

私の研究所に通所している女性も、ここ数ヶ月のいろいろな出来事を見たり聞いたりして、「私って結構、健康な体と心もってるよね!」と言うようになり、昨日は私の「第26回日本箱庭療法学会」の報告を聞いて、「私、こうしちゃいられないって気持ち!」って言いました。

まったく、世界やまわりが自分を変えてくれますよね。

そして、その自分がささやかだけれど世界を変える小さな力になる・・・

うれしい秋です。

昨日の「ドラクロワ」

テレビに出るといつも思うことですが、

なかなかうまく作ってくれるものだなあと思います。

私の社会に対する気持ちや義理の両親に対する気持ちの表現がやや薄かったようには思いますが、

それなりにうまくまとめていただいたと思います。

番組終了後すぐ、一番最初に我が家をテレビに登場(第5子の出産場面のビデオの公開ということで)させてくださったリポーターの今村優理子さんからお電話をいただきました。

とっても嬉しいお電話でした。

今日は箱庭学会で発表をしてきました。

大変高い評価をいただきました。

銀座オープン(カウンセリングルームOZ銀座)も間近。

今後も多くのクライエントの皆さんのお力になれるよう、

勉強を続けていこうと思います。

箱庭学会についての報告は、改めて。

映画「僕たちは世界を変えることができない」

先日、この映画を見ました。

タイトルの後、“世界が僕たちを変えてくれる”(?だったかな?)と続くのですが、大学生が打ち込めるものがない毎日を壊したくて、郵便局でふと目に入ったパンフレットで「カンボジアに小学校を!」という言葉を見つけて150万円を集め始める話です。

ちょっと教訓的な感じがする場面もあったように思いましたが、なかなか感動的な映画でした。

実話に基づいて制作されたようです。

カウンセラーを目指す方たちはたくさん映画を見たり、お芝居を観たり、本を読んだりしてほしいです。

カウンセリングと「相棒」

劇場版「相棒」を見ました。

水谷豊が演ずる特命刑事・杉下右京は、人の心理を奥深く深くまで読み取って、「真理」は何かを追っていくので、とてもカウンセリングの参考になります。

TVで見ているのですが、劇場版は国家権力や警察権力との争いという大げさな闘いの中で、右京が神戸君と共に心理を探り、「真理」にたどりつくのですが、少々細やかさに欠けているように思いましたが、参考にはなりました。

要するに面白かった?

かな?

金曜ロードショー「ゴースト」

ゆうべ家に帰ったら、孫たちが「ゴースト」を見ていました。

私は夕飯を食べながら見たので、死体や幽霊が出てきたところで「やめてよ!止めてよ!ばぁちゃんこういうの苦手だから!」といいました。

でも孫も孫の母親である私の娘も、夢中で見ていて、私のことなんか気にもとめないのです。

しかたなく私も「怖い場面が画面から消えたら言ってね。怖いときは見ないようにしてるから」と言っているうちに引き込まれて、ついに最後まで見てしまいました。

死んでゴーストになった青年が恋人の女性を守るストーリーですが、彼が消えていってしまうとき、恋人に言うセリフが「ボクは(必要なとき?)いつでも君の心の中にいるから」だったと思います。(  )の中の「必要なとき」というのは私の願望かも?

NHKテレビ「首都圏ネットワーク;ミドルエイジクライシス」後日談

先日9月24日(金)にオンエアされた「首都圏ネットワーク」の「ミドルエイジクライシス」に出演されていた男性が、今日カウンセリングにいらっしゃいました。

あの取材はオンエアされた10倍くらいの時間がかかって、

その中から割と自分の言いたかったことを編集してくれていた、とおっしゃっていました。

ただ、

「取材の前からバイクで転んで足首をねんざしていたのに病院へ行くのが取材後だったので、こじらせてしましました。2週間の安静を医者から命ぜられ、家にいました。ちょうど尖閣諸島の問題が出ていて、あのニュースを見てイライラしながら寝ていました」

と、2本の松葉杖をついて痛々しく語って帰られました。

お大事に!!

NHK;首都圏ネットワーク『ミドルエイジクライシス』の取材を受けて

今日はNHKテレビの首都圏ネットワークの特集『ミドルエイジクライシス』の取材がありました。

ここに通所しているクライエントさんが、うつになられた経過とカウンセリングを受けて立ち直っていった体験をメールで送られたところ、ご本人のカウンセリング場面を撮影させてほしいとのことでした。

ご本人から「顔が出ないならば喜んで取材に応じて、苦しんでいる皆さんにメッセージを届けたいので、大関先生も協力してもらえませんか」と依頼があったわけです。

いつものようにカウンセリングをしたのは全然なんでもなかったのですが、その後のインタビューが何ともうまく答えられなかった!×!!

実はいつもそう。

「うまく答えようと思うからうまく答えられないんだから、普通にやればいい」とTV取材のたびに思うのですが、

今日も言いたいことの10分の1くらいしか言えなかった…。

恥ずかしいので(私のところは)見ないで、と言いたいけれど、それだとクライエントさんの折角の熱意が無になるので、見ていただければと思います。

放送予定 9月24日(金)、18:10~19:00 NHK「首都圏ネットワーク」の中のコーナーです。

駅前劇場(下北沢)

8月4日(水)から下北沢の駅前劇場で次男の大関真が脚本・演出をしている『世界のどこにでもある、場所』(舞台版)が上演されています。(映画化も決定)

私のカウンセリング研究所のクライエントさんの協力を得て取材をさせていただき、完成したものです。精神病院を舞台に音楽療法を行う混乱や葛藤を、笑いと涙で描いたものだとチラシに書いてありました。

私もまだ見ていないのですが、私が娘に「早くチケット頼まないといい席なくなっちゃう!」と言ったら、「え?親がいい席とっちゃっていいわけ?!」と言われ、ギャフンでした。で、私は当日券か立ち見かで見る(?)と思っています。

この研究所のクライエントさんの協力が生きているといいなと思います。

皆さんも見てやっていただけるとうれしいです。(親バカ?)三宅裕司さんのSET(スーパー・エキセントリック・シアター)が主催です。

1  2

ページトップに戻る