ソファ

恋愛

チャールズ王子婚約と日本の皇室

最近暗いニュースばかり続くイギリスでは、チャールズ王子の婚約をとても喜んでいるようですね。

2人は1度破局に至ったそうですが、再び愛を築いたとのことです。

王子が「1度、王室を知ってもらい、考えてもらいたいから別れた。

「それでも戻ってくれたのだからもう大丈夫」というようなコメントを出しているのをTVニュースで観ました。

きっとケイトさんは幸せになることでしょう。

普通の家庭出身だとのこと。

日本の皇室でも苦労していらっしゃる雅子様のご回復も祈りつつ・・・。

我が研究所でも恋愛の相談、夫婦の相談が続いている毎日です。

夏祭りとトランス状態

今、高砂町内会の役員の方が夏祭りの寄附と調神社への奉納金を取りにみえました。カウンセリング研究所も毎年町内のメンバーとして、寄附をさせていただいています。夏祭りと言えばあの「御輿」と「山車」でしょうか。ここ浦和辺りでは、各町内でお御輿を作り、かついでいますし、実家の熊谷では山車の上にお囃子の人が乗って、笛や太鼓ではやすのをひいて歩きます。御輿は「ワッショイ、ワッショイ」と言うかけ声を皆で何度も繰り返し、山車の笛や太鼓は「チャン、チャン、チャン、チキ、チキ、ドン、ドン」を何回も繰り返します。人は同じことを何回も繰り返すことで心理的にトランス状態に入り、リラックスしながら集中力が出てきます。バリ島のケチャは代表的なものでシリリリポンポンとかチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャクチャなどを繰り返します。神主さんの祝詞やお坊さんのお経も同じ効果があります。今日、資格講座で研修した「自立訓練法」もこの延長です。さて、今年の夏祭りの思い出はどんな?

「元気の出る言葉」「癒しのワード」はこちらから!

会員登録をしていただくことで、毎週「元気の出る言葉」「癒しのワード」が届きます。

下記、URLにアクセスしていただき、会員登録をお願いします。

Qrhp_3

http://www.pokemo.jp/kokoro/  

(モバイル専用サイトです。携帯電話からご利用ください)

身体表現法

今日の午前中の心理カウンセラー養成講座は「カウンセラーの身体表現法」でした。

私達人間のコミュニケーションは、言語と非言語では3:7か4:6ぐらいの割合で、要するに「ことば」よりは「態度」で伝えているようです。

「言葉を話すときは相手の目を見る」という学習をしてきました。

当たり前のようですが、以外と見てないんですこれが。

今朝、夫や恋人や子供の目を見ましたか?

その目は何と語っていましたか?

昔から日本では「目は口ほどに物を言う」と言っています。

ところで、チンパンジーの目は白目がないのをご存知ですか?

言葉を使う人間以外の動物には白目がないんです。

もし犬を飼っていらっしゃったら目を見て下さい。

ほんの少ししか白目がありません。

彼らは言葉を話さないので白目は必要ないんです。

人間は、白目の上に黒い目が動くからちゃんと見てるかどうかが分かるんです。

どうぞ、今夜は大事な人の目が何を言っているのか目を見てみて下さい。

結婚カウンセリング

先日、結婚のご相談でお出でになった男性がいらっしゃいました。

ノッツェ結婚カウンセラーの私とパートナーカウンセラーがお話をさせていただきました。
その時、その方はパートナーカウンセラーに

「結婚した時の決め手はなんですか?」と尋ねました。
一人のカウンセラーは,

「興味が合うことでしょうか」と答えてから,

「あっ、でももうひとつ、落ち込む波長が違うことだったと思います」と言いました。
そして続けて,

「初恋の人は同じ時、同じことで、同じように落ち込んで暗くなってしまっていました」と言ったのです。

「自分と似た人」「自分と違う人」結婚相手を選ぶ時、皆さんの決め手は、さあどちらでしょう?

「カウンセリングと○」の答え

おとといの答えが今日になってしまい、ごめんなさい。

おとといの「問い」は「○の書いてある紙にもうひとつ○を書き加えてください」というものでした。その書き加えた○の位置からその時のあなたの心の状態を測ってみましょう。

もともとの○は今までの自分です。

書き加えた○は今の自分です。

ですから元の○と離れたところに書き加えられた時はちょっと寂しいとき、周りの人に自分をもっと理解してほしいと思っているのかも・・・。

「sep.doc」をダウンロード

元の○に交わるようにした方は、今を打破したい、自分を変えたいと思っている?

「cr.doc」をダウンロード

元の○を囲むように外に大きな○を書き加えた方は、今とても前向き。新しいこと、新しい人とどんどん出会ってください。

「ou.doc」をダウンロード

元の○の内に書き加えた方は、今一人でじっと自分のことを考えるチャンスかも?

「in.doc」をダウンロード

わたしはわたしでいいんだ!

「こんな私、ダメな私」

「何やってもドジ、会社の先輩には怒られる。何回言ったらわかるのお!って。」

「恋愛しても失敗ばかり」

ずっとそう言っていたKさんが、今日、

「私なんだかわからないけど、わたしはわたしでいいって、急に思えたんです。不器用だけど、一生懸命考えて一生懸命生きてきた。それでいいかなって…。何かあったらどうしよう、って思ってたけど、困ったら浦和カウンセリング研究所があるしって。ここが私の財産、ここを紹介してくれた友達に感謝…。」

この言葉、私たちにとっても、何よりの財産です!!

開運カウンセリング

ご無沙汰しました。しばらく風邪気味でした。

研究所の仕事は休まず続けていたのですが、仕事が一段落つくと

ぐったりしてしまい、ご無沙汰してしまいすみませんでした。

昔はこんなことなかったんですがね。

やっつぱり66という年のせいでしょうかね?

年はとりたくないものですね。

今日は、「開運特別講座」の日でした。

前もっての申し込みは6人だったので、年の初めでみんな忙しいのかな?と思っていたら、始まる1時になったら続々集まって下さり、結局24人での開運カウンセリング講座の開催となりました。

自己紹介でここへ来たわけや今苦しんでいることなど話し合いまし

た。

Mさんのここへ来たきっかけは、職場のSさんが去年の秋から急に

花がパッと開いたようにきれいで明るくなったのでわけを聞いたら、

実はね、と教えてくれたのが「浦和カウンセリング研究所へ通ってい

ると自分のなりたい自分になれて、毎日がとっても楽しく生きやすく

なったの」ということだったそうです。

Mさんは今日開運講座を3時間受けて、「今年こそは、自分も運が開

けそうだ!」ととてもうれしそうでした。

2月2日(土)3時半からのグループセラピーにも「必ず来ます」と言って帰りました。

今日参加された方たちには浦和カウンセリング研究所で、願い事を言っていただきました。

「その願い事、きっと叶います!!」

今からでも遅くありません。

願い事のある方、開運を祈っている方は、ぜひお越しを!

今年こそ幸せをGet Get!!!

ご連絡、お待ちしてます。

あけましておめでとうございます

去年ついてなかった人は今年こそ!

そこそこだった人は飛躍を!

全然だった人は絶対!!!

暮れもお正月も、悩みは時も人も関係なく襲ってきます。

そういうわけで浦和カウンセリング研究所は、今年もお休みは

ありませんでした。

さすがにスタッフのKさん、Fさんには休んでもらいましたけど…

うれしいのはカウンセリングにみえた方が、それぞれ

「だいぶ楽になりました。何とか年が越せそうです」

「来たときと帰る今とで、すっかり気持ちが違います。」

「不思議と気持ちがスッキリしました」

と笑顔を見せてくれることです。

研修生の皆さんもそれは同じで「自分でも奇跡が起こったみたいで自分が5回の研修でなりたい自分になっていた!!」と今日、体験入学した人に語っていました。

体験の人は今度の火曜日から入学することに決めました。

だんだん仲間が増えて私も張り切っています。

今年から、カウンセラーの資格はいらないけれど、悩みの解決のワークをやりたい人のために、グループセラピーをリーズナブルな費用で行います。

「恋愛」「人間関係」「アダルトチルドレン」「引きこもり」「摂食障害」などなど…

少人数制のグループセラピーです。

やってみたい人、この指とーまれ!!

お問い合わせは、浦和カウンセリング研究所までお気軽に!!

「カウンセリングはこころのサプリメント!!」

この名言は上級カウンセラーコースの受講生のSさんが思わず、自分の体験から、今日の研修の中で唇からこぼれたものです。

「みんなが今より幸せになるために!」を合い言葉に皆さんのために立ち上げた浦和カウンセリング研究所です。

ぜひ、お気軽に遊びに来てください!!

待っています!

フォーカシング

「自分で自分の心がよくわからない」、

そんなことありませんか?

そんなときはフォーカシングをしてみましょう。

心の中のなんだかよくわからないモヤモヤしたものに焦点を当ててみます。

ちょうどカメラのファインダーをのぞいて被写体に焦点を合わせるように。

これは、

「今日のお昼、うどんにしようかなぁ、カレーにしようかなぁ」

なんてちっちゃな迷い事から恋愛や結婚のお相手選びの迷い事まで何でもOK!.

まず自分の身体の内側を意識します。

その自分の内側にある”モヤモヤ”としばらく一緒にいてあげてください。

するとその”モヤモヤ”が少しずつ変化します。

あわてず、ゆっくりいっしょにいてあげてくださいね!

そして”モヤモヤ”が何かメッセージを出すのを待ちましょう。

結構、これって私たち、普段の生活の中でよくやっていることなんですが、カウンセリングでは、これを「フォーカシング」といって、迷ったときやなんとなくこころが”モヤモヤ”するとき、こころのメッセージを聞く方法として使っています。

今月の27日(木)10時~12時と17時~19時  さいたま市浦和区の浦和カウンセリング研究所でフォーカシングのワークショップを行います。

このワークショップは浦和カウンセリング研究所が、みなさんへ今年一年の感謝の気持ちを込めてお贈りするワークショップで、無料ご招待となっています。

ぜひお早めに、お申し込みください

各回とも定員30名です。

各ワークショップのあと忘年会もあります。

知ってる人も、知らない人もみんな誘ってきてください。

カウンセリングや心理学に興味のある方も、ない方も、みんな誘ってきて下さい。

忘年会は、会費制(昼/大人1000円 子ども/500円  夜/1500円)です。

1  2

ページトップに戻る