ソファ

学校

夏休みまっただ中!

いよいよ8月に入りました。

今年は梅雨明けが早かったと思ったら、一時の猛暑日はどこへやら…

むしむしはしていますけれど、夏らしい暑い日は影を潜めて、比較的過ごしやすい日が続いていますね。

私が外へ出ないせいかな?

子どもたちは学校から解放されて家庭の生活に慣れましたか?

休みの間じゅう塾三昧なんていうお子さんもいて、それなりに大変な夏休みを送っているのかもしれませんが、長期の休みで家庭にいるというのは子どもたちにしてみれば、安全安心な場所で過ごせるわけですから、家庭でもそういった役割を自覚して、子どもたちが自由な発想でものを考え行動したり、冒険したりするのを後押ししたいものです。

休み明けは、家庭での生活と学校での生活のギャップで、不登校になるお子さんも増えます。

そうならないように、休みのうちから学校の生活に慣らすという発想のお母さんもいらっしゃいますが、長期の休みというせっかくの機会を無駄にすることのないよう、のびのび過ごさせてみてください。

充分、のびのび過ごせれば、それが2学期の学校生活を楽しく送るパワーになるはずです。

もし、学校の先生でこのブログをお読みの方がいらっしゃいましたら、夏休み明けに子どもたちを学校に慣らすなんていうことを考えるのではなく、家庭の生活に慣れた子どもたちに先生方が合わせるくらいの気持ちで接してみてください。

学校生活に慣れさせよう慣れさせようなんてしなくても、子どもたちの心や頭は大変柔らかいですから、すぐに学校生活に順応していくはずです。

先生方が「××させよう」という気持ちを少しでも持つと、子どもたちの心と距離が開いてしまいます。

それが不登校にもつながるので、学校に子どもたちを合わせるのではなく、学校が子どもたちに合わせる、そんな教育をしていただきたいものです。

記:大関直隆

今日から二学期!

ところによって2学期の始まりは様々ですが、

うちの研究所の近辺は、今日が2学期の始業式。

始まりを楽しみにしている子もいれば、気が重くなっている子もいる思います。

長い休みの後は、ペースを取り戻すのにも一苦労です。

いきなりペースを取り戻そうとせず、じっくり構えてみることで、

心の負担は軽くなるものです。

学校の先生方、子どもを学校のペースに合わさせるのではなく、

学校が子どものペースに合わせる努力をしてみてください。

子どもの適応力は大人が考えるよりすごいものです。

先生方の「子どもに合わせよう」という気持ちだけで、

充分子どもは余裕を持って2学期がスタートできるはずです。

大津のいじめ、わかってきた対応のずさんさ

テレビや新聞の報道によると、

自殺する一週間ほど前に職員で話し合ったとか。

結論は、いじめでなくケンカ。

本人に確かめたところ、

「いじめられていない」と。

これが事実なら、学校(教員)は、いじめの本質をわかっていません。

教育関係者でなくとも、いじめられている子が「いじめられている」なんて言わないことは知っているはず。

こんな初歩的な部分で対応に間違いがあったとすれば、

その後のことも想像に難くありません。

「いじめ」と理解した先生もいたかもしれませんが、

それが反映されない学校の体制(あるいは校長の姿勢)は大きな問題ですね。

自分たちの都合のいいように物事を解釈する原子力村の構造によく似ています。

大津のいじめ自殺事件について思うこと

うちの研究所は、もともと教育カウンセリングがスタートだったので、

今回の大津のいじめによる自殺とは深い関わりを持っています。

これまでにいじめに遭っているというお子さんの相談に応じてきました。

「いじめ」という認識は人によって大きな差があり、

ほんの些細なことをいじめと認識する人もあれば、

かなりひどいいじめでも、いじめという認識を持たない人もいます。

そして、いじめられている人の気持ちを理解できる人は、ほとんど皆無です。

人の心の中のどこかに、「いじめられているやつが悪い」という気持ちが存在するからかもしれません。

保護者をはじめとして、子どもを保護する人たちは、

子どもの様子をよく観察してください。

そう難しくなく、いじめに遭っている痕跡(身体についても心についても)に気づくはずです。

本人に解決することは難しいので、

やはり大人が気づいて対処するのが最も大切なことだと思います。

うちにも学校の先生方が多く学びに来ていますが、

学校の先生方も、誰の責任ということではなく、

子どもの命に関わる問題ですから、放置せずすぐ対処してください。

うちの研究所では、直接学校に伺うこともします。

大人の力で、大切な子どもの命を全力で守りましょう。

もちろん、加害者の子どもたちに対しても、同様です。

「自分の子どもが加害者かもしれない」

そんなときも、ぜひご相談を!

加害者の子どもたちだって、本当は被害者なんです。

学童保育と教育相談

このところ、学童保育室関係のご相談が増えています。

各小学校毎に1つ設けてあって、保護者が働いていて、

放課後の保護者がいない児童を3年生(あるいは4年生)位まで

保育するところです。

管轄が教育委員会ではなくて、社会福祉協議会になっているようです。

保育する人も教員免許ではなく保育士免許の方が多いようです。

学校ではなく「家庭」の代わりというのが本来の役割のはずが

どうも最近、学校の延長のように扱われているため、

子どもたちに過重な負担がかかっている例が多いようです。

私も子ども5人と孫を2人預けていろいろあったなあと思い出しています。

子どもたちの合唱と教育カウンセリング

今日は孫の小学校の音楽会でした。

最初に全校合唱で「ビリーブ」という歌を二部合唱で歌いました。

子どもたちの歌にジーンとして涙が流れました。

子どもの歌声のなんて澄んでいて

けがれのないことか!

_r000

それなのに、今日も朝から先生の一言がお子さんの心を傷つけたご相談を伺いました。

とても悔しくてたまりません。

川口市立前川小学校PTA講演会 大成功!

たった今、川口市前川公民館で行われた前川小学校PTA主催の講演会から帰ってきました。

_r000_3

PTA会員さんや地域の方たちが150名程集まって下さいました。

春から準備をすすめてくださった学年委員会の皆さん本当にご苦労さまでした。

PTAは私も5人の子育ての中でかかわってきたのでご苦労はよく分かります。

それほど大きいとは言えない規模の学校で150人もの方を集めることができたということで、

もう8割方講演会は成功だと思いました。

「カウンセリングマインドで接する」という演題で、ワークを中心に行いました。

100分ほどの講演が終わると何人もの方がかけよって来て、

私にお礼を言って下さり、30人程の方が道まで見送ってくれ恐縮でした。

川口に住んで40年.。

改めて私のような人生を「受け入れてもらえた!」という喜びで胸がジーンとしました。

前川小の皆さんどうもありがとうございました。

さわやか相談員の募集始まる

来年度のさいたま市のさわやか相談員の募集が始まりました。

さいたま市の去年の採用見込み数は70人。

今年は人数の明記はありません。

毎年たくさんの希望者が応募していますが、

激戦の中、うちの研修生からも採用者がでています。

さいたま市近郊の他市の募集要項がまだ見あたらないのですが、

これから年末ごろまでに募集・選考が行われていくようです。

生徒・保護者の身になって、教職員の方々と連携しながら、本当に必要な支援ができる相談員さん。

研修生の皆さん、現場で必要とされる実力を一緒に養っていきましょう。

スタッフ 布施

私の知らない私~ジョハリの窓

今日の研修では、自己発見の講座や内観法の講座をやりました。

自分を語ったり人の話を聞いているうちに、“自分の中にあったんだけど気づいてなかった私”がはっきりして、「あ、そうそう、これって私の生きるテーマだったんです!」という方や、「そうだぁ…されたくないってこと、私が子どもに知らず知らずにしてたかも…」と、ジョハリの窓でいう『自己盲点の私』に気づかれました。

また、内観法では、「お母さんにしてほしかったことをしてもらえなかった」と思っていた研修生さんが、「“ない”ことばかり探してたのかもしれません。いろいろしてもらってたんだ…」と。

そして内観を進めていくうちに、「悪い子って思われてると思ってたけど…そっか!私、信頼されてるんだ!」と母親との関わりに対する見方に大転換が起こりました。

母との関わりに対する見方に変化が起きると、いろいろな人間関係も変わってきます。

目詰まりを起こしたフィルターの目詰まりが取れる、そういうイメージです。

たくさんの『私の知らない私』に出会い、研修生の皆さんがとてもすてきな顔をされてお帰りになりました。

心理カウンセラー認定試験の結果

今日は先月の27日に実施されたNPO法人日本カウンセラー連盟の認定試験の受験結果が発表されました。

受験生の皆さんは不安と期待が入り交じった様子でおいでになりましたが、結果を聞いて本当に喜んでいらっしゃいました。

大人になっても、やっぱり試験は緊張するもの。

そして、「合格」はうれしいものですね。

たくさんの方が進級してカウンセラーとしての姿勢とスキルを磨く意欲をお持ちで、これもまた私たちにとってうれしいことでした。

4月。出発の季節に、たくさんのカウンセラーの卵が出発していきます。

1  2  3  4

ページトップに戻る