ソファ

文化・芸術

樹木希林さんのご冥福をお祈りします

樹木希林さんが9月15日お亡くなりになりました。

主役を演じることは多くはありませんでしたが、助演の時にも常に存在感を示す名演で、映画やテレビドラマ、CMには欠かせない存在でした。

カンヌ映画祭で、日本人監督作品として1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりにパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」柴田初枝役での名演は、文字通り世界の認める女優であることを示していると思います。

私の記憶の中では、「樹木希林」という芸名よりはむしろ「悠木千帆」の印象が強く、1965年から90年まで続いたTBSテレビ「時間ですよ」は忘れられない作品です。

先ほど、ワイドショーで、樹木希林さんが加藤浩次さんのインタビューを受けている映像が流れていました。
あれだけ個性派の女優さんですから当然ですが、「私は私中心だから」という言葉は非常に印象的でした。
樹木「人がプレゼントをくれようとするでしょ。私、いらないって受け取らないのよ」
加藤「受け取ればいいじゃないですか、聞きさんのにあげたいと思ってくれるわけだから」
樹木「それって、プレゼントする側があげたいと思ってるだけで、相手がほしいとおもってるわけじゃないでしょ」

他者に対するこういった態度を「私中心」と言ったようですが、ここで樹木さんが述べていることはカウンセリングのまさに核になる部分で、「プレゼントする側があげたいと思っているだけ」「相手(もらう側)がほしいと思っているわけではない」というこの考え方こそ、カウンセリングを進めていく上で、クライアントさんが陥りやすい状況を説明したものに他なりません。

自分がどうしたいかの行動なのか、本当に相手が望んでいることなのか、そこがわからず、自分がやりたくてやっていることを相手のためにやっていると勘違いすることはよくあることです。それこそが人間関係を壊す一因であるので、自分の行動を振り返ることは重要なことですね。

樹木さんの言葉は、おそらく他人に対する言葉ではなく、自分を戒める言葉ののでしょう。
樹木希林さん、素晴らしい映画、素晴らしいドラマ、素晴らしいCMをありがとうございました。

(樹木さんの言葉の部分は、記憶に基づくもので一語一句正確なものではありません)

記;大関直隆

最近の講座から

浦和カウンセリング研究所では、様々な講師による多種多様な講座を開催しています。

一部をご紹介します。

川端宮司 神社とカウンセリング①.JPG文化としての神道を学ぶ

国内最高気温を更新した熊谷市にある佐谷田神社宮司 川端康稔氏による特別講座。

参加者全員お祓いをしていただきました。

川端宮司は、当研究所で学び、(一社)全国心理業連合会(全心連)上級プロフェッショナル心理カウンセラーの資格を取得したカウンセラーでもあります。

 

 

 

円蔵寺での特別講座①.JPG文化としての仏教を学ぶ

恒例となった円蔵寺副住職 加藤良海氏による特別講座。

今回は、研究所より徒歩2分ほどのところにある円蔵寺で開催。

日本人にとってお寺は特別な癒やしの空間です。

 

 

 

 

 

円蔵寺での特別講座②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高畠.JPG

秋田にプロバスケットボールチームをゼロから作った高畠靖明氏による特別講座。

木下サーカス時代から秋田ノーザンハピネッツの立ち上げ、そしてサッカー界の超大物某氏との今後の展開など、話は尽きませんでした。

 

 

 

 

 

 

高畠②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大関努ダンスセラピー.JPG毎年夏に行っているドイツで活躍中のモダンダンサー大関努氏のダンスセラピー講座。

体を動かす中に、毎回新しい発見が…

 

 

 

 

 

 

 

大関努ダンスセラピー②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神道のお祓い

特別講師、熊谷市にある佐谷田神社川端康稔宮司の「人間関係」の講座を行いました。

先日は仏教のお祓いを経験していただきましたが、今回は神道のお祓いを経験してもらいました。

仏教も神道も日本人の心に深く根ざす文化です。

これまで日本人の心を支えてきたこれらの文化は、日本におけるカウンセリングの元ともいえる大切な文化です。

宗教は時に国家間の争いの元にもなりますが、日本には神道と仏教の多くの宗派が共存し、それらを国民が広く受け入れ、国民一人一人の心に複数の宗教宗派が根付いているという珍しい文化が存在しています。

皆さん、お寺にもお参りしますが、神社にもお参りしますよね。

今回は神道の心に触れてもらいました。

佐谷田神社宮司 川端 佐谷田神社 川端宮司 

熊谷佐谷田神社 川端宮司

劇団スーパー・エキセントリック・シアターの公演を観てきました。

研修生の皆さんにご紹介していた劇団スーパー・エキセントリック・シアター公演「華~女達よ、散り際までも美しく~」を観てきました。

スクリーンショット 2018-04-27 11.35.26.png

なかなか重たい内容を肩がこらない舞台に仕上げているのはさすがSET。

ダンスの切れも最高!

和服であれだけ動けるのには何か仕掛けがあるんでしょうか。

もちろん動きやすいように作ってあるんですよね。

関ヶ原の戦いを挟んだ戦国の時代を男性でなく女性のみに焦点を当てた内容はとても感動するものでした。

財務省福田事務次官のセクハラ問題やTOKIOの山口メンバーによる強制わいせつ事件などに象徴される男性中心の世の中の昨今、史実に忠実かどうかは別にして、世の中を動かすほどの強い女性を描いていることに大変興味をそそられました。

今晩1公演、明日2公演、明後日2公演残っていますので、ぜひご覧になってみてください。

箱庭による人形語り

26日午前は障害児を対象に長年「語りの会」を行ってる森川さんの箱庭を利用した人形語りの講座でした。

読み聴かせと違い、物の形を平面でなく立体で捉えることができるので、イメージしやすいところが特徴です。

森川さんの語りについつい引き込まれ、楽しい時間を過ごしました。

箱庭による人形語り①  箱庭による人形語り②

CIMG0105.jpg

琴の音色に癒やされました!

漫画家の杉尾尚子先生の講座は、漫画(似顔絵)だけでなく、毎回琴も演奏してくださいます。

今日も琴の落ち着いた音色に心穏やかな時間を過ごさせていただきました。

 

杉尾尚子 琴① 杉尾尚子 琴②

 

 

 

 

杉尾尚子 琴③

 

 

Red Print vol.2『Friday Night Showdown ~女は全てを曝けだす~』

昨夜は、息子「大関真」演出の舞台「Red Print vol.2『Friday Night Showdown ~女は全てを曝けだす~』」を観に行ってきました。

http://www.shinjukumura-live.com/wp-content/uploads/2015/11/20151125095438_00001.jpg

「Red Print」はストリートダンスで活躍する女性ダンサーの集団。
そういう集団が演劇をやっているわけだから、正直言ってうまい役者の集団とはちょっと違う。
でも、昨夜の舞台も演劇と真摯に向き合おうとするメンバーの姿勢にはすがすがしいものを感じたし、まあ面白かった!
もちろん、舞台で展開されるダンスシーンは圧巻!
明日までやってます。
演劇好きの方、ダンス好きの方はぜひ足を運んでください。

場所は、「新宿村LIVE」
12/19(土) 13:00 / 17:00
12/20(日) 13:00 / 17:00

Red Print blog はこちら → http://ameblo.jp/redprint/

竿燈祭り

まもなく台風11号が上陸しそう。

先週から今週にかけて各地で行われているお祭りや花火大会に大きな影響を与えそうで、これまでほとんど中止になったことのない行事の期間が短縮されたり、中止や延期になったり…

大雨の影響で途中で中止になった秋田の竿燈祭り。

カウンセリングスクールOZ秋田の特別講座のダンスセラピーの日程と重なったので、中止になる前の初日の勇姿を見てきました。

DSC_0318tate.jpg DSC_0324tate.jpg DSC_0329tate.jpg DSC_0322tate.jpg 秋田竿燈祭り④ 秋田竿燈祭り⑤

   

☆大関努のダンスセラピー大好評☆

大関努ダンスセラピー 信田ブログ 大関努ダンスセラピー 信田ブログ

「浦和カウンセリング研究所」では、ドイツ発祥ダンスセラピーを体験することができます。

今日も大好評でさいたま市文化センターにたくさんのかたがご参加して下さいました。

私も参加させてもらいとても有意義な時間になりました。

受付をしていたのでスーツでの参加になりましたが、スーツでダンスもまぁ、いいですよね(*^_^*)

何度か体験した方も、初めての方もとても楽しんでいらっしゃいまいた(^_^)

自分の気持ちを感じ取り、音や言葉ではなく「ダイレクト」に身体で表現する。

簡単のようでとても難しい。。。

みなさんとても表現が上手で、私は緊張で身体が硬くなっていたのでほぐすので精一杯でした(^_^;)

動かないのも身体に気持ちを感じてる証拠?

心の内も感じ取り身体で表現することはネガティブなところも感じなければなりませんが

安心安全で誰も否定しない空間なのでとても気持ちよく表現出来ます。

やればやるほど内に秘めている感情を向き合うことが出来いつか私も解放できるのではと思っています。

明日はスーツをクリーニングに出さなくては! 記 信田

☆アートセラピー(コラージュ法)☆

アートセラピーには『コラージュ法』というものがあります

コラージュ法には『マガジン法』と『BOX法』があります

浦和カウンセリング研究所では主にマガジン法を用います(^o^)

そのなの通り適当な雑誌を自由に切って

自由にコラージュしていきます

ペタペタとヘ(^o^)/

画用紙も好きな色を使います

選んだ画用紙の色や

画用紙の向き

どんなものを貼ったか

切り方や貼り方

どの位置にどんな気分で貼ったか

何を最初に貼ったかで

いろいろ自分が分かってきます

大人も子供も楽しめるセラピーだと思います♪

私もやりましたがあまりクリエイティブさがないですね(^_^;)   記;信田

信田撮影写真コラージュ.JPG

1  2  3

ページトップに戻る