ソファ

芸能・アイドル

樹木希林さんのご冥福をお祈りします

樹木希林さんが9月15日お亡くなりになりました。

主役を演じることは多くはありませんでしたが、助演の時にも常に存在感を示す名演で、映画やテレビドラマ、CMには欠かせない存在でした。

カンヌ映画祭で、日本人監督作品として1997年の今村昌平監督「うなぎ」以来21年ぶりにパルムドールを獲得した是枝裕和監督の「万引き家族」柴田初枝役での名演は、文字通り世界の認める女優であることを示していると思います。

私の記憶の中では、「樹木希林」という芸名よりはむしろ「悠木千帆」の印象が強く、1965年から90年まで続いたTBSテレビ「時間ですよ」は忘れられない作品です。

先ほど、ワイドショーで、樹木希林さんが加藤浩次さんのインタビューを受けている映像が流れていました。
あれだけ個性派の女優さんですから当然ですが、「私は私中心だから」という言葉は非常に印象的でした。
樹木「人がプレゼントをくれようとするでしょ。私、いらないって受け取らないのよ」
加藤「受け取ればいいじゃないですか、聞きさんのにあげたいと思ってくれるわけだから」
樹木「それって、プレゼントする側があげたいと思ってるだけで、相手がほしいとおもってるわけじゃないでしょ」

他者に対するこういった態度を「私中心」と言ったようですが、ここで樹木さんが述べていることはカウンセリングのまさに核になる部分で、「プレゼントする側があげたいと思っているだけ」「相手(もらう側)がほしいと思っているわけではない」というこの考え方こそ、カウンセリングを進めていく上で、クライアントさんが陥りやすい状況を説明したものに他なりません。

自分がどうしたいかの行動なのか、本当に相手が望んでいることなのか、そこがわからず、自分がやりたくてやっていることを相手のためにやっていると勘違いすることはよくあることです。それこそが人間関係を壊す一因であるので、自分の行動を振り返ることは重要なことですね。

樹木さんの言葉は、おそらく他人に対する言葉ではなく、自分を戒める言葉ののでしょう。
樹木希林さん、素晴らしい映画、素晴らしいドラマ、素晴らしいCMをありがとうございました。

(樹木さんの言葉の部分は、記憶に基づくもので一語一句正確なものではありません)

記;大関直隆

劇団スーパー・エキセントリック・シアターの公演を観てきました。

研修生の皆さんにご紹介していた劇団スーパー・エキセントリック・シアター公演「華~女達よ、散り際までも美しく~」を観てきました。

スクリーンショット 2018-04-27 11.35.26.png

なかなか重たい内容を肩がこらない舞台に仕上げているのはさすがSET。

ダンスの切れも最高!

和服であれだけ動けるのには何か仕掛けがあるんでしょうか。

もちろん動きやすいように作ってあるんですよね。

関ヶ原の戦いを挟んだ戦国の時代を男性でなく女性のみに焦点を当てた内容はとても感動するものでした。

財務省福田事務次官のセクハラ問題やTOKIOの山口メンバーによる強制わいせつ事件などに象徴される男性中心の世の中の昨今、史実に忠実かどうかは別にして、世の中を動かすほどの強い女性を描いていることに大変興味をそそられました。

今晩1公演、明日2公演、明後日2公演残っていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

劇団スーパー・エキセントリック・シアターの公演を観てきました。

研修生の皆さんにご紹介していた劇団スーパー・エキセントリック・シアター公演「華~女達よ、散り際までも美しく~」を観てきました。

スクリーンショット 2018-04-27 11.35.26.png

なかなか重たい内容を肩がこらない舞台に仕上げているのはさすがSET。

ダンスの切れも最高!

和服であれだけ動けるのには何か仕掛けがあるんでしょうか。

もちろん動きやすいように作ってあるんですよね。

関ヶ原の戦いを挟んだ戦国の時代を男性でなく女性のみに焦点を当てた内容はとても感動するものでした。

財務省福田事務次官のセクハラ問題やTOKIOの山口メンバーによる強制わいせつ事件などに象徴される男性中心の世の中の昨今、史実に忠実かどうかは別にして、世の中を動かすほどの強い女性を描いていることに大変興味をそそられました。

今晩1公演、明日2公演、明後日2公演残っていますので、ぜひご覧になってみてください。

上原美優さん自殺…

上原美優さんが亡くなりました。

テレビをほとんど見ない私でも顔だけは知っているくらいの人だったのに、

びっくりしました。

心よりお悔やみ申し上げます。

ここのところ、芸能人あるいはそれに関わる人たちの自殺が頻繁に話題になります。

見る者にとってテレビの世界や芸能界は、とても派手で、時にあこがれの対象になりますが、

中に入ってみると、様々な悩みがあるのでしょうね。

出たか、出ないかもわからないウチの息子程度なら、

それほど大きなプレッシャーはないのでしょうけれど、

人気が出れば出るほど、その重圧はすごいものなのでしょうね。

人気が落ちてしまう恐怖、

なくなるプライバシー…。

『もう種子島に帰りたい。お母さんの所に行きたい』と泣いて電話がありまして。何とかなだめて『種子島に帰って来い』と、『私があした迎えに行くから』と話を切って、『夜にゆっくり話をしよう』と言って電話を切ったんです。

と前日のことを語るお父さん。

種子島の生活と芸能界の生活の落差を埋められなかったのでしょうか。

種子島のすぐ近くの小さな島に一人山海留学をしている孫のいる私としては、

現在の孫の様子などからも、

その落差の大きさを感じずにはいられません。

まだまだ活躍が期待された人だったのに…

ご冥福をお祈りします。

木の実ナナさんとうつ病

先日、女優の木の実さんのうつ病のことをTVで放映していました。

木の実さんは大変な努力をしながらお仕事を続け、回復されたとのことでした。

メークさんがとてもいい方で、木の実さんの話をよく聞いて下さったんだそうです。

今までの医学では「うつ状態」を内因性(遺伝や体質)と神経性(心理的原因)などに分けて説明することが多かったのですが、最近では区別せず治療することが増えてきました。

うつ病は「生命の流れが停滞して、生命的感情が低下している状態」(カウンセリング辞典)と言われます。

気力がなくなり、重くなると、自殺企画までいってしまうつらいものです。

そこまでではなくても、気持ちがモヤモヤしたり、不安感が生じたり、胸騒ぎがしたり、眠れないことがあったり…

そんなこと、皆さんも経験したことがあるかと思います。

そういうときは、周りは叱ったり励ましたりせず、そのままその方を認め、暖かく見守ることが大事だということは、常識になってきました。

木の実さんも、メークさんをはじめ周りの皆さんに支えられた、と言っていました。

が、自分がそうなったとき、周りに「そのままの私を認め、暖かく見守ってくれる」人がいないときはどうすればいい?

不幸にしていない場合も多いものですよね。

私もこの頃、胸騒ぎがしたり、心の中が“ハスの腐ったみたい”に思うことがあって(皆から「エッ?先生でも?」と言われますがありますよ、私も。)、家の者に言うと

「何?その“ハスの腐った”って?」

「だからハスのように穴が空いててスカスカ(自分でもうまく言えてません)」という会話になり、なかなかそのまま「認めて」もらった感がしないんです。

しょうがないのでそういうときは、自分で

「そうなんだよね~、ね~」と自分に言って、納得することにしています。

自分が自分の強い味方になれると、少しは“うつ”も楽になれるんですが…。

今日も皆さんの幸せを祈っています。

1
ページトップに戻る