ホーム > カウンセリング > 大関洋子の今日のプチアドバイス > 「相手の話を聞くときのコツ」
「相手の話を聞くときのコツ」

「相手の話を聞くときのコツ」

「繰り返し技法」というカウンセリングのやり方を試してみてください.。
相手が感情に関する言葉、例えば、
「だから私、とても悲しかった…」とか、
「悔しかった!」
などと言った時、それをそのまんま繰り返すのです。
「そうなのね、悲しかったのね」とか「そうなんですね、悔しかったんですね」という風に…。
すると、不思議なことが起こります。
相手は突然、
「そうなの、そうなの」
と言いながら泣きだしたり笑い出したりします。
ぜひ、ためしてみてください。
ページトップに戻る