ソファ

夢日記(ゆめにっき)

夢日記(ゆめにっき)

今日クライエントのAさんに「ゆめにっき」というゲームの話を聞きました。

Aさんはこのゲームは芸術的なのか、哲学的なのか、精神的、本能的に怖かったと話してくれました。

もっともAさんは中学生の時プレーしたということでした。

試しに何分か見せてもらいました。

まさに精神分析医のフロイトの著書「夢判断」の中のシーンを思い出すような感じでした。

私はパソコンはもとより、ゲームに関する知識はとてもだめなものですから、皆さんから知恵や知識をいただき、必死で遅れないようにしているつもりですが、だめですね。

もう遅れています。

反省!

日本の歴史の中で、今ほどコミュニケーションの方法が大きく変革している時代はかつてありませんでした。

それに伴って、人と人との人間関係もこれまた大きく変化しているんだなあと思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ed-cou.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/515

ページトップに戻る