ソファ

心と体

カルチャー教室での心理カウンセラー養成講座

今日は仙川カルチャーセンターにて、初級心理カウンセラー養成講座がありました。

4月から新規ご入学の方を合わせて総勢13名での授業です。

講座に行くといつも思うのですが、カウンセリングを学びたいとおいでになる方はみなさんとても熱心でとても優しい方々です。

「困っている方に何かしてあげられないだろうかと思って、受講することにしました」

という思いを多くの方がお話しされます。

 

カウンセラー養成講座の最初にまず勉強していただく事は、逆説的なようですが

「カウンセラーは、相談に来るクライエントさんに、アドバイスも解決策もあげることはできない」

ということです。

「困っている方の役に立ちたい」と思って来ていただいているわけですので、初めは皆さん「え??」とした表情をされます。

 

仙川カルチャーでも、前回の志村講師の回に4つのピースを2人1組で作成するワークをしたのですが、どんなに一生懸命説明しても、指示を受けるだけでは作り手は混乱してしまいなかなか完成できなかったそうです。

(このワークはやってみるととてもおもしろいです。)

カウンセリングも同様で、悩んでおいでになる方たちにアドバイスや励ましをするのでは、解決どころか混乱させてしまうことになります。

そして実際にクライエントさんに会っていただくと実感されるのですが、どの方もご自分の中にしっかりとした答えや解決策をもっていらっしゃいます。

「カウンセラーが教え諭そうなんておこがましい・・・」と思い知らされます。

本当に必要な答えはご自身の中にある。

 

明日7~9時の実習にも、自分の心の中と一生懸命向き合っているクライエントさんがおいでになります。

“助言、アドバイス”が無益であることを実感しましょう。

そして、本当に必要な支援は何なのか、を考えましょう。

 

スタッフ 布施

最近のカウンセリングルーム

このところ、男性の方からのご相談が増えています。

少年、青年、壮年の方たち。

それぞれに悩みの内容は異なりますが、深く人生を探索していらっしゃいます。

そして、ほぼ皆さん、母や妻という女性たちとの関わりの中にその苦悩の出発点があるように思います。

女性が虐げられてきた長い歴史の中で、男性も傷ついてきたのです。

生命を再生産する女性が幸せでないと、男性も幸せにはなれません。

 

今週の土曜日、4月28日(土)10~12時・13~15時で、「思春期とジェンダー」というテーマで「“人間と性”教育研究所」の副所長にお話をしていただきます。

是非おいでください。

 

所長 大関洋子

内観法とアニマルセラピー

今日の心理カウンセラー養成講座は、午前は「内観法」を、午後は「アニマルセラピー」を行いました。

「内観法」は日本発祥の自己探求法で、生まれてから現在までの身近な人(特に母親)との関わりを、「お世話になったこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」の内観3項目に沿って振りかえるセラピーです。

現在では諸外国でも取り入れられています。

研修生5人と、カウンセリング後にご見学で参加されたクライエントさんとが一緒に内観しました。

2012.4.21-1.JPG

これまでは「してもらって当然」と思っていて特に気にしてもいなかったことが、「母によってしてもらっていたんだ、当たり前ではなかったんだ」という気づきや、「迷惑をかけたなぁ・・・、でもそうか、私は迷惑をかけたと思ったけど、母はそれをすることを厭わずしてくれていたな・・・」という思いがわき起こり、「愛されてきた自分」を多くの方が実感されました。

 

午後は鈴木講師によるアニマルセラピーで、今日はチャッピーちゃん(犬の狆)も一緒に勉強しました。

2012.4.21-2.JPG

ペットは家族同然となっている昨今。

動物と人の絆や関係性を学ぶ2時間となりました。

そして、今日はクライエントさんからの手作りクッキーもいただき、心の充足とおいしいお菓子を一緒にいただきました。

 

スタッフ 布施

 

卒業

3月は幼稚園、保育園の小さなお子さんから大学生まで「卒業」の時期でした。

今日は近隣の大学の卒業式があったのか、そういう感じの人たちがパーティでも行われるのかロイヤルパインズホテルへ行くのを見かけました。

「卒業」というのはどの年齢でも感慨深いものです。

本人にとっても親にとっても。

今日のロールプレイに協力してくださったクライエントの若い女性は、

「今日皆さんの研修に協力できればと思ったのですが、1時間聴いていただいて今までの自分を卒業できた気がしました。

いつまでも“親が~”とか“○○が~”じゃなくて自分なんですよね。

ありがとう」

とおっしゃいました。

尾崎豊の歌には、『支配からの卒業』という歌詞がありましたよね。

 

コラージュ法で「私」と出会う

今日の心理カウンセラー養成講座はコラージュ法をしました。

コラージュ療法は、好きな色や大きさの画用紙を選び、古雑誌から気になる写真や絵、文字を自由に切り取り、貼っていくものです。

どんな画用紙や写真などを選ぶか、どのように切り取るか、どのように貼るか・・・

そのすべてを総合した全体の作品に、作成者の深層心理が現れます。

今まで気づかなかった自分に出会ったり、新しい見方に気づくなど、新鮮な出会いが待っています。

今日も研修生がそれぞれ思い思いに作品を作りました。

これはある研修生の作品です。

2012.3.17.JPG

 

「“飛び出したい”・”羽ばたきたい”んですね」

「そのご自分をみんなが応援して送り出しているんですね」

とお伝えしたところ、

「はっ・・・そうだぁーーーー!!!!!」

と驚きながらも納得されていました。

 

楽しく作れて、自分と出会える。

ぜひ皆さんもコラージュを作ってみませんか。

 

スタッフ 布施

『Good Luck』~幸せの在り処

今日の臨床実習には、20代の男性のクライエントのTさんがゲストでおいでになりました。

お話の中で、ぜひ皆さんに読んでほしいと『Good Luck』という本を紹介されました。

―――数十年前に別れた幼馴染みが偶然に再会。

別れてからの数十年の間に、2人の人生は大きく変わっており、一方は豊かな生活を手にし、もう一方は貧しい生活になっていました。

そのとき、前者が語り始めたのが「幸せの四つ葉のクローバーを探しに行った白い騎士と黒い騎士の話」です。

伝説の四つ葉のクローバーを探しに行くことになった2人の騎士は、それぞれ悪戦苦闘しながら探し求めます。

黒い騎士は、「クローバが咲く場所を教えてくれ」と木々や岩と話をしますが、どれも空振り。

白い騎士は、「なぜクローバーが咲かないのか」を考え、木々や岩との話の中で教えてもらい、咲く条件を整えていきます。

”「幸せ」は運や偶然で手にするものではなく、手にするための条件を自ら整えて手にするものだ”

というメッセージが流れています。

 

幸せを待つのではなく、時間がかかっても自ら環境を整えていくものだと、教えられました。

 

スタッフ 布施

 

 

 

 

 

感情や思いを表現してコミュニケーション上手に!

昨日の午前中は、大関真氏の特別公開講座

「思いを伝えるコミュニケーションスキル」
~もっとコミュニケーション上手になろう!~

を開催しました。

10人以上の方にお越しいただきました。

ありがとうございました。

 

2011.3.4-1.JPG

 

ご参加いただいたあきこさんから

「楽しかったのと、かなり勉強になりました。」

とお礼のメッセージをいただきました。

 

ご参加の方のコミュニケーションがより豊かになることをお祈りしています。

スタッフ 布施

"学習"は「生きている証し」 ~大田尭・東大名誉教授の勉強会にて

今日は大田尭東大名誉教授の勉強会に参加しました。

(今まで行きたい行きたいと思っていたのですがなかなか都合がつかず、今日初めて出席しました。)

毎月2回、先生の書斎を開放して、いろいろなテーマでお話をしています。

今日は冷たい雨が降っていたこともあってか、先生を含めて7名でした。

今日の最初のテーマは、「学習する」ことについて。

私たちヒトが生きるためにしている「代謝」は、酸素を吸い二酸化炭素を出したり、栄養素を吸収して排泄することを意味していますが、実は脳も同じように「代謝」活動をしている、とのこと。

脳の代謝の吸収物は「情報」。

私たちは「情報」を吸収し、取捨選択しながら「学習」していく。

つまり、「学習」とは呼吸をするのと同じように、自然の摂理であり“生きている証”である、とのこと。

この論は、石川啄木の歌から展開したものでしたが、大田先生の手にかかると、「文化・芸術」の話題が「生理的現象」そして「ヒトとしての在り方」にまで拡がっていくことに、ただただ圧倒されました。

先生は週末には京都で講演会があるそうで今日は早めに引き上げられましたが、94歳になる今でも各地を飛び回っておられることにも感服します。

いろいろとお聞きしたいこと、お話し合ってみたいこともあるので、また次回が楽しみです。

 

スタッフ 布施

今日から3月!おひなさまの月...

春を感じる陽ざしと風がとても嬉しい朝でした。

年を重ねると、あと何回、春を迎えられるかなあと思うのです。

だから今朝、暦を3月にしたときは、又、梅や桃や桜に会える…と、

生きていられることに感謝しました。

こんなこと言うと、悟りきっていて偉そうですが、70才になってやっとこの心境です。

孫娘とおひなさまを飾りました。娘は「そんな古いもの、もういいよ」と言いました。

私の娘たちのために夫の父が買ってくれたものですがその人も亡くなった今、

こうやって飾ると孫娘を守ってくれている感じがします。

「おひなさま」の歴史もジェンダー(作られた女性差別)の歴史と重なるものがありますが、

それとは別の日本の民衆のやさしさを伝えるものでもあります。

今月もいい月になりますように。

2012030108470001.jpg

 

 

 

 

コミュニケーションスキルをアップする特別公開講座☆

今朝の朝日新聞の「マリオン」欄に、当研究所とNPO法人日本カウンセラー連盟が主催するイベントが掲載されました。

開催日は3月4日(日)10:30~12:00

テーマは、

「思いを伝えるコミュニケーションスキル~この春、もっとコミュニケーション上手になろう!~」

です。

(参加費:2,000円)

 

まもなくやってくる春。

春といえば出会いも多くなる季節です。

職場や学校、地域、友人関係で・・・今よりもっとステキな人間関係を築きたいですよね☆

でも、思ってもない誤解をされたり、伝えたつもりの思いが伝わっていなかったり・・・。

  「コミュニケーションの行き違いはなぜ起きるの?」

  「コミュニケーションの行き違いをなくすにはどうしたらいいの??」

  「もっともっと楽しくコミュニケーションする秘訣は?!」

そのヒントは「非言語」にあります!!!

非言語とは、表情やジェスチャーなどことば以外のすべてです。

この非言語をスキルアップすることで、みるみる表現力がアップします☆

今までの人間関係がさらに深まり、豊かになることまちがいなしです!

 

講師は劇団スーパー・エキセントリック・シアターの大関真氏です。

表現のプロである俳優で演出家の大関氏による、楽しく学べるレッスンです!

まだ定員に余裕がありますので、ぜひお申し込みください☆

 お申込は浦和カウンセリング研究所まで、メール、FAX、電話にてどうぞ!

スタッフ 布施

 

大関真 氏 プロフィール
(劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属、俳優・脚本家・演出家)


俳優としてNHK大河ドラマ「江」、テレビ朝日「相棒」、フジテレビ「私が恋愛できない理由」や

CM「クリアクリーン」、「大正漢方胃腸薬」などに出演。

2009年NHKで放送された「出社が楽しい経済学」では、出演の他、脚本も担当。

最近では、俳優だけでなく、脚本家、演出家としてもテレビ、舞台で活躍している。

 

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページトップに戻る